かっぱ橋道具街で、行平鍋とそら豆型曲げわっぱ弁当箱を買い求める。

もともと訳ありであり若干製造面での問題もあったようだが、僕が手入れに失敗した(熱湯に漬けてしまった!)ことが手伝い、初代(なんちゃって)曲げわっぱはやられてしまった。

まだ使えないこともないので保管はしておくが、新しいものを購入する格好の口実が出来た訳である。そしてかねてから行きたいと思っていたかっぱ橋道具街へ出陣。

もともと行平鍋の小・中サイズを買おうと思案していたので、今回はまずは釜浅商店へ。底厚のヤツが欲しかったが7,000円超えであったため震え上がり、庶民向けのコーナーへ走る。それでも気に入ったものがあったので買い求めた。雪平鍋だと思っていたが行平鍋、らしい。

次に向かったのは木製道具を中心に色々な和雑貨を扱う器草子。狙って行ったわけでは無いのだが、通りからよく見える棚には実にナイスな弁当箱が並んでおり、思わず立ち寄った。

今回は長方形のものとそら豆型で最後まで迷ったのだが、カバンへの収まりを考えそら豆型にした。いずれも1,800円とお値打ちで容量はしっかり700ml入る。最初から此方に来ておけば良かった。店のご主人らしき男性はとても親切にアレコレ教えてくれて感じが良く、また店の商品のことを愛していることが伝わってくる好きヒトである。

コイツに色々詰めて持っていくのが楽しみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です