南インドへの登竜門、サンバルに挑戦

かねてから食材を用意していたのだが、まだトライしていなかったサンバルを作ってみた。

我が南インド系自作シリーズの第一弾としてはダールを作ってみたのだが、これがなかなかうまく行き、調子こいているのである。

愛読(?)している南インド屋さんのブログを見て自分でも作ってみたい、と決心したのが夏の初めであった。まずは道具とスパイスの材料を揃えねばならぬ。指示通りの材料を手に入れるため、アメ横の大津屋へ出掛けてしこたま豆とスパイスを確保、そして圧力鍋を買い、ミキサー/ミルを兼ねたマジックブレットを買い、ようやく今日に至ったのだ。

 

前回ダールを作ったときは、ムーングダル(緑豆)を使ったが、煮込む時間は比較的短く圧力鍋が不要であった。またサンバルペーストも要らないのでミルもミキサーも不要。なので軽いウォーム・アップの気分でダールをクリア。今回晴れて圧力鍋とマジックブレットが手に入ったため、南インド登竜門のサンバルに挑戦するととと相成った。

ショップジャパン ミキサー マジックブレット ベーシック ブラック MGTB01KD
自分が持っているのはピンクだが、黒の方が格好いいと思う。。

 

ダールよりもやや手が掛かるのは、ツールダルは水に漬けないといけない時間が長いこと、サンバル(パウダー)ペーストを作らねばならないこと、タマリンドペーストを作らないといけないこと、があるから。サンバルパウダーとタマリンドペーストは市販のものを買ってもいいのだが、初めての体験なので出来るだけ自作したかった。差はよく分からないのだけど、良かったのだと思う。

タマリンドは塊を購入し、ペーストを自作

南インド屋さんの指示に従って、切ったり混ぜたり炒めたり煮たりしてなんとか仕上がったが、満足度はかなり高い。残念だったのはホールチリがなく、保存用の鷹の爪輪切りになったことですなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です