オートミールを和風にいただく

海外、特に米国に行った際にはホテルによっては朝食のメニューが大きく異なり満足感が得られないことがある。そんな時によく食べているのがオートミールである。

ただ現地のオートミールは甘くするか、ミルクのみで味付けなしで食べることが想定されており、食べやすいとは言えない。なので私はお湯でオートミールを増やして塩で味付けして食べるのである。そんなことをやっているうちに、オートミール自体がなんだか好きになってくる。

そこで最近ほぼ毎日朝食として導入しているのが、和風オートミールである。
オートミールはクエーカーズのものがやはり舌触りが良く味も整っていて好きである。また28gの小分けになっており、袋が計量カップ代わりになり水の量がわかりとても便利。

私の和風オートミールの場合、クエーカーのオートミール28g(1袋)に対し、水を1/3カップ、豆乳を1/3いれ、そこに麺つゆを小さじ一杯加える。

 

レンジは500Wで1分半~2分程度加熱する。そして刻みネギを掛けたものがこれ。

何も考えず混ぜて加熱するだけだが、気を付けることとすれば、吹きこぼれやすいので大きめの器を使うことくらいでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です