シンセン駅から徒歩30秒、そこにはタイの風が吹く(時も、ある

シンセンと言えば深圳の方を思い起こしてしまうほど、このエリアには馴染みが無い。大田区に住んでいると、こんなナウなスポットには憧れるけれど、分不相応だという気後れがしないでもない。というか、そもそもどんな場所なのかとよく分からないという方が正しいかもしれない。

とまれ、シンセン付近で用事を済ませ、夜も9時近くでお腹が減ったものだから、酒の一杯も飲んでそこそこ美味いもンでも食いてえなと思う。渋谷までぶらぶら歩きながら色んな店を冷やかして回ろうとしていた矢先、3秒で此方に出会ってしまう。踏切のほんの手前にこんな店構えがあれば誰だって立ち寄りたくなる。

入口の派手(?)に比べて店内は結構落ち着いた感じがいい。席数は20くらい、カウンターとテーブル席がありお一人様でもOK。

メニュウには本日のおすすめの3品がピックアップされており、どれも美味そうなので全部頼んでみた。そしてこれが正解。特にタイ高菜のヤムと豚オッパイ焼きはとても気に入った。このエリアに来たら再訪確実、てのは微妙なコメントで申し訳ないだ、いい意味で、本当の気持ちである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です