Training Day-3 ミニマル+チリパウダー

ミニマルチキンカレーに辛味を加えてみようと、今回はチリパウダーを小さじ1/2ほど足してみたかった。レシピとしては以下になるが、基本形は変わらない。

  • はじめのスパイス: クミンシード小さじ1/2
  • ベースの風味: にんにく、生姜各1片、玉ねぎ中1個
  • うまみ: トマト(中1個
  • 中心の香り: ターメリック小さじ1/2、パプリカパウダー小さじ1、チリパウダー小さじ1/2、コリアンダー大さじ1、塩 小さじ1
  • 水分: 水 300ml
  • 具: 鶏もも肉 350g

ミニマルカレーにはあまりの旨さに驚いたものだが、今回は何かふつうに収まっている印象である。前回は淡いがフレッシュな甘みと酸味が絶妙であり、スパイスが前面に出てくる押しは無いものの非常に旨かった。しかし今回、辛さはやや出ており、「カレーらしく」なったものの、普通に旨いレベルだった。悪くは無いのだが、期待が大きかっただけに少し拍子抜け感がある。

変えたところと言えばスパイスとしてチリパウダーを小さじ半分加えただけなのに、としながも思い返してみると、以下の点で違いがあることに気付いた。

  • 前回は缶詰のホールトマトを用いたが、今回はフレッシュトマトにした。
  • 前回は作って直ぐに食べたが、今回は一晩おいた。
  • 次回はもう一度初めてミニマルカレーを作ったときのことを思い出し、あの味を再現してみたい。
  • その後、実験的にガラムマサラを小さじ1加えて弱火で2分ほど加熱して食べてみた。幾分深いスパイス香が出てきて、一層カレーらしくなり、それはそれで旨くなってくる。色々な路線で試して行きたいと思っていたが、やはりベースを持って、そこからの変化で好みを見つけていくこと、またある程度の再現性が得られることが当面の目標だ。
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です