今日の弁当:やはりどうも色合いと配置が悪い。明らかな戦略ミス

帰国2日目で少し弁当作りの感覚を取り戻しつつある、と自分では思っていたのだか、過信だった。やり始めて、チグハグな感じがする。おかずがどうもうまくまとまらない。自分のようなセンスを欠く人間にとっては朝のヒラメキではなく、前日から主菜・副菜を決めておき、その戦略に従って準備しておく方が良いのだと思い知らされた。

収穫としては前日に作った鶏そぼろがうまく機能したことである。そぼろは良い、早く卵とのコンビネーションを実現したくてたまらない。

振り返って思うのは、高さを綺麗に出すことの難しさである。今のなんちゃってワッパは結構高さがあるので直接おかずを配置すると物によっては2段に重ねたり、もともと高さのあるものは少し斜めにしたり、とうまく3次元の配置を完璧にするのは簡単ではない。微妙な隙間が空いたりもする。

次回以降のポイントとして、以下について留意することとしたい。

  • おかずの高さに合わせてご飯に傾斜を掛けて調整する。
  • 隙間を埋めるための細かい副菜を用意する。
  • ご飯を少し少なめにしてみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です